文字サイズ

ジャニーズJr.に22歳の年齢制限 継続は契約合意必要…制度改定を発表

 ジャニーズ事務所は16日、現行の「ジャニーズJr.制度」を改定すると発表した。満22歳到達後の最初の3月31日までに、ジャニーズJr.としての活動継続についてジャニーズ事務所との合意に至らない場合は、ジャニーズJr.の活動としては終了とする新制度で、準備期間を経て、2023年3月31日から適用される。

 適用開始日に22歳以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人に関しては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について合意しているとした。

 同事務所は、ジャニー喜多川さんが作り上げたジャニーズJr.の制度について、「ジャニーズ事務所が目指すエンターテイメントに欠かすことができないアイドル・タレントの発掘と育成を目的に、ジャニーがプロデューサー人生を通して大切に築き上げてきたものでございます」と説明。その成果が、いずれもジャニーズJr.での活動を経て、これまでにデビューした多くのタレントたちだとした。

 一方で、「昨今においては、このような恵まれた環境であるが故に、一般的に人生の岐路と言われる年齢を迎えたジャニーズJr.が、適切な進路を決定し難くなっているのではないか、ということも同時に懸念されるようになってまいりました」と指摘した。

 今回の制度変更は、ジャニーさんの信念を守り、その原型を保ちながら、時代の移り変わりと社会情勢を的確に捉え、在籍したジャニーズJr.たちの多様な未来を確保・尊重するために検討を重ね、「ジャニーズJr.の活動は、アイドル・タレントとしてデビューを目指すことが大前提であるという基本に改めて立ち返ると同時に、個人の適切な進路決定の確保といった観点」から、一定の年齢制限を設けたと説明した。

 新制度によって「不本意ながらジャニーズJr.としての活動を継続することが叶わないメンバーが出てくる可能性がありますが、いずれにしましても『ジャニーズJr.に在籍してよかった』と思っていただけるような時間を共に過ごしてまいりたいと考えております」としている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス