文字サイズ

「おたく評論家」宅八郎さん死去 57歳・小脳出血 独特な風貌話題に

 「イカす!おたく天国」などの著書で知られる「おたく評論家」の宅八郎さん(本名・矢野守啓)が8月11日、小脳出血のため東京都内の病院で死去していたことが4日、分かった。57歳。葬儀・告別式は近親者で行った。

 静岡県浜松市出身。法大卒業後、制作会社などをへてフリーライターとなり、1990年ごろから「おたく評論家」として活動。

 当時、注目が集まりはじめたオタク文化の象徴的存在として、テレビにも多く出演した。「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」「とんねるずの生でダラダラいかせて!!」などの人気番組で、長髪にメガネ、リカちゃん人形やマジックハンドを手にした出で立ちが話題となった。

 一方で、出版社や編集者、周囲とのトラブルもたびたび報じられた。2007年には渋谷区長選に出馬、落選した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス