文字サイズ

小林賢太郎、引退理由「足が悪くて…」限界パフォーマンス無理

 お笑いコンビ・ラーメンズの小林賢太郎が芸能活動を引退することが、1日、分かった。所属事務所の公式ページで「小林賢太郎 芸能活動からの引退及び退所のお知らせ」と報告した。

 所属事務所によると、小林は11月16日付けで引退し、事務所を離れた。昨年から「2020年末をもって、すべての表舞台から引退したい」と申し出があり、話し合いを重ねていた。事務所側は懸命に引き留めたが、小林の意思は固かったという。

 小林はこの日、公式ツイッターで「肩書きから『パフォーマー』をはずしました。」と題してコメントを掲載。2020年に引退することは「4、5年前から決めていた」と明かした。

 さらに「47歳。まだまだ動けるだろう、って思いますよね。僕だって現役を終えたばかりのアスリートに会ったら言っちゃいそうだもの」と前置き。「実は足が悪くてですね、ちゃんと手術もして日常生活に支障はないのですが、身体を限界まで追い込むステージパフォーマンスとなると無理が出てきていました。ハードルを下げるくらいなら、やらない方がいい。なんて、それらしいことを言ってますけど、理由はこれだけではなくて、様々な経緯をふまえ自分で判断したことです。」と説明した。

 2009年以来、ラーメンズとしての公演は行っていなかったとあって、「ラーメンズ最新公演『美大じじいい』とかを期待していた人がいたらごめんなさいね。」とファンに謝罪。相方については「片桐仁は『がんばって~』と変なマスクをつけて言ってました。面白かったです。」とサラリとした態度だったことを明かした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス