文字サイズ

東山紀之 不倫騒動のマッチに苦言「大きな失望感がありました」

 少年隊の東山紀之(54)が22日、メーンキャスターを務めるテレビ朝日系「サンデーLIVE!!」(日曜、前5・50)に生出演。歌手・近藤真彦(56)が25歳年下女性との不倫が報じられ、それを受け無期限活動自粛処分が下されたことに言及した。“ジャニーズ事務所の長男”と呼ばれる大先輩に対し、厳しい表情で苦言を呈した。

 大先輩に対し、東山は真っ正面から直言した。番組前半で近藤のニュースについて触れ、「事務所の対応も、近藤真彦さんの結論を出すのがちょっと遅かった。僕らとしてもどう対応していいか分からなかった」と苦渋の表情。その後、改めて本題に入ると、臆せずに言葉を紡いだ。

 「僕は近藤真彦さんとは40年以上、彼の背中を見てともに育ってきました。良きところも悪いところも知ってますけど、やはり事務所の中でも世の中的にも、年を経て責任っていうのが変わってくる。その責任を果たしていない近藤真彦さんには、大変大きな失望感がありました」。ジャニーズファミリーの“長男”に異例の苦言。近藤とともに長年にわたって事務所を支え続けてきた東山が毅然と“ケジメ”を求めた。

 一方で、複雑な心境も。「今後、マッチさんがどのようになっていくのか見ていく必要がありますし、僕の立場からするとマッチさんを嫌いになれない自分もいる。その葛藤の中にいる」。デビュー前には近藤のバックダンサーを務め、輝くその姿を追い続けてきた東山。やるせない胸中を明かした。

 近藤は12日発売の「週刊文春」で、30代の会社社長の女性との5年にわたる不倫愛が報じられた。事務所が確認したところ事実を認めたため、17日に活動自粛処分を発表。ラジオのレギュラー番組差し替えや出演CMの打ち切り、ライフワークとしていたレース活動も自粛が決まった。

 「果たしていかなければいけないものを見せるべき立場。マッチさんがどう見せてくれるのかなという期待があります」と東山。尊敬すべき先輩だからこそ、厳しい態度をつらぬいた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス