文字サイズ

鈴木京香が「う○こ野郎!」を連発、テレ東自虐ネタも…「共演NG」がトレンド入り

 テレビ東京系で26日にスタートしたドラマ「共演NG」がネットで話題となっている。主演の鈴木京香が冒頭から「うんこ野郎」などと連呼、テレ東得意?の自虐ネタも随所に盛り込み、放送直後に「共演NG」がトレンドワードに浮上した。

 同ドラマは25年前に恋愛関係にあり、現在は共演NGとされている大物俳優同士が、25年ぶりに共演することとなり、ホテルでの製作発表会で再会するが…という場面からスタートする。

 会場のホテル入りの車中でのやりとりも描写されているが、その中で中井貴一演じる遠山英二と、鈴木京香演じる大園瞳が、それぞれを罵詈雑言でなじるが、その中で瞳は英二を「あのうんこ野郎」と連呼し、過去、二股をかけられた恨みつらみを事務所スタッフにぶちまける。

 この鈴木のはじけっぷりにネットでも「コメディやってる鈴木京香さん最高」「鈴木京香さんが“うんこ野郎”連呼しててめちゃくちゃ面白い」などの声が上がった。

 またテレビ東京の“自虐ネタ”も随所に盛り込まれ、ネットは爆笑。「うちは池の水抜いたり、人んちで充電させてもらうのが専門だからな」「超大物カップル、2人がテレ東(ドラマではテレビ東洋)のドラマに出るなんてすごいことなんだぞ」などと、ドラマの監督やチーフプロデューサーらが発言。ネットも「度々の自社自虐が面白い」「テレ東自虐入れつつめっちゃ頑張ってんな」などの声が上がっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス