文字サイズ

松尾貴史「おやおや、自分の著書まで証拠隠滅」…菅首相、改訂版で重要部分削除に

 タレントの松尾貴史が20日に投稿したツイッターで、菅義偉首相が野党時代の2012年に刊行した単行本「政治家の覚悟」(文藝春秋)の改訂版をこのほど新書で発売し、そこには公文書管理の重要性を訴える記述があった章が削除されたことに言及した。

 元の単行本では第4章で、東日本大震災への対応で議事録が残されていなかったことに触れ「議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為」などと公文書の重要さを指摘していた。

 松尾は「おやおや、自分の著書まで証拠隠滅、改竄、隠蔽」と皮肉に投稿した。

 菅氏は官房長官だった安倍政権では、森友、加計学園や「桜を見る会」の問題を巡り、公文書のずさんな管理が批判されていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス