文字サイズ

中条あやみ、カヌーでの五輪挑戦を誘われた 主演映画で体験「上達早くて」

 女優の中条あやみ(23)が18日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた「スポーツ6大陸 Do Sports Fes2020」のスペシャルゲストとしてトークショーを行った。

 大阪出身とあって関西弁を駆使しながら、終始リラックスした表情を見せた。JR西日本のCM撮影でも使用したスタジアムに“帰還”し、「地元の長居公園で話す日が来るとは」と笑った。売れっ子となった現在も帰阪した際はおい、めいを連れて天王寺動物園やUSJに行くだけでなく、「(近場は)自転車で出かけたりします」と明かした。

 新幹線で大阪に着くと空気の違いを感じるといい、「JRのポスターが張ってあると、『お姉ちゃん、この子ちゃうん?』って大阪のお母ちゃんに話しかけられたり。気さくに話しかけてくるのが大阪っぽい」とエピソードを披露。お好み焼きが好きという中条は「(東京で食べるのと)ちょっと違うんですよね。なんなんですかね。あったかい心なんですかね」と話して会場を沸かせた。

 11月13日公開の主演映画「水上のフライト」もPRした。走り高跳びで世界を目指した中条演じる遥は、事故で下半身不随になり夢を絶たれるが、パラカヌーと出合って前を向く物語。水面に接してる部分が少なく、バランスを取ることが難しいカヌーを乗りこなした中条は「自分でいうのはおこがましいけど、上達が早くて、教えてくださった先生から『オリンピックにも間に合うかも』って選手に誘われてしまうくらい(自分に)むいてました」と秘話を告白し、“競技適性”を明かした。

 かつてはバドミントン部だったという中条は、普段のスポーツについては「食べることが好きな分、体を動かして消費するようにしてます。ジムに行ったり、筋トレしたり」と打ち明けた。10代のときは絶食ダイエットをし、リバウンドを経験したとし「10代の子は体形が気になると思うけど、後からガタが来るので無理なダイエットはしないでほしいなって思います」と呼びかけた。

 また、見るスポーツについて聞かれると、「今年はオリンピックがなくなったけど、去年はラグビーを見ました。ハカのダンスを踊るオールブラックスがすごい格好良くて。ラグビーってこんな楽しいスポーツなんだって(分かった)」とコメント。「こう見えて“ハートは熱い系”。熱いスポーツ、甲子園とか涙が出る熱いスポーツが好き」と力を込めた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス