文字サイズ

半沢最終回、最もツイッターで盛り上がったシーンは…ツイッタージャパンが公表

 ツイッタージャパン社の公式ツイッターは27日、同日最終回を迎えたTBS系ドラマ「半沢直樹」でツイッター上で最も盛り上がったシーンを公表した。

 「半沢直樹」は、放送開始直後からツイッター世界ランク1位を席巻するなどネットを大いに賑わせた。

 ツイッタージャパン公式ツイッターは、最終回で最もツイッター上で盛り上がったベスト3シーンを発表。

 3位は「記者会見に現れた半沢直樹」のシーン。中野渡頭取が来ると思っていたところへ、ブルーの勝負ネクタイを締めた半沢が颯そうと登場。会見場がどよめいた。

 2位は「花ちゃんの半沢直樹への言葉」。自宅で夕食を食べる半沢へ、花は「生きてさえいればなんとかなる」と励まし、銀行員を辞めることにも賛成。明るく夫を見守る姿が共感を呼んだ。

 そして1位は大和田常務の「あぁ~、すみません最近ちょっと耳が遠くて」と言い放ったシーン。会見場に悪事の“証拠”を持ってきた大和田に、箕部幹事長が「やめろ、大和田ぁ!」と絶叫するも、大和田は「最近耳が遠くて」と、箕部が都合が悪くなると言うセリフをオウム返しして見せたドラマのヤマ場シーンだった。

 そして、ドラマ放送直前の午後8時30分から午後10時までの「#半沢直樹」に関する会話は43万ツイートあったことも発表した。

 なお、放送中のツイートで多く使われた絵文字も発表。1位は号泣、2位はキラキラマーク、3位は土下座だった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス