文字サイズ

アンジャ児嶋、半沢・堺から「笠原さん」「笠松だよっ!」撮影秘話明かす

 アンジャッシュの児嶋一哉が27日、自身のYouTubeチャンネルを更新し、同日最終回を迎えたTBS系ドラマ「半沢直樹」の裏話を披露した。児嶋は白井大臣の秘書・笠松役で出演。最終回は何度も登場し、半沢に対して重要な働きを行う。

 半沢の最終回では、児嶋演じる笠松秘書は、過去最大のセリフ量で出演。半沢(堺雅人)との2ショットシーン、白井大臣(江口のりこ)とのシーンなどで盛りだくさんで登場した。

 その最終回のシーンについて児嶋は振り返った。最終回前半に、半沢と2人で対峙するシーンがあったが、7、8回撮影する中で、「1回、カットがかからない時間があった」という。すると「堺さんが、半沢直樹が、あの顔のまま『笠原さん…』。(自分も)『笠松だよっ!』って。100%使われてないけど」と、児嶋の鉄板ギャグ「大島さん」「児嶋だよ!」をもじって、堺がイジってきたという。

 しかも「小声でぼそぼそやりあうシーンで『笠原さん』『笠松だよ」は(周りに)全く聞こえてない。だから全く受けてないの」と語り「半沢直樹が完全にあの役でいじってきた。半沢直樹に生イジリされました」と堺のお茶目な一面を紹介した。

 他にも大和田、半沢とのシーンや、白井大臣を演じた江口とのエピソード、台本の秘密など、出演していたからこその秘話を大公開している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス