文字サイズ

榎並アナ、アナウンス室の伝統は「阿部知代さんがどんな服を着てくるか…」

 フジテレビの榎並大二郎アナウンサーが17日、同局「バイキング」で、アナウンス部の“伝統”を聞かれ、先輩の阿部知代アナウンサー(当時)が新人研修の際に華やかな衣装を着てくることが“伝統”だったと明かした。

 番組では、宝塚音楽学校が、これまで生徒に受け継がれていた数々の不文律を廃止したというニュースを取り上げた。

 これに坂上忍は榎並アナへ「アナウンサーは(伝統作法のようなものは)ないの?」と質問。すると榎並アナは「伝統というか、今、アナウンス室を離れられました阿部知代さんが研修の時にどんな服を着てくる?みたいな話が伝統的に言われていた。こんな服を着てきたみたいな…」とコメント。

 坂上ら出演者は意味が一瞬分からず、きょとんとした表情。榎並アナは「何のことだろう?と思っていたら、自分が新人の時に研修を受けたら(阿部知代アナが)チャイナドレスで来た時に、これだ!と思いましたけど…」と説明するもスタジオはシーン。

 コメンテーターとして出演していた元フジテレビの大島由香里アナは「終わったらすぐ報道センターに行って、阿部知代さんにすぐ謝った方がいい」と苦笑。榎並アナは「ディスってないです。阿部知代さんの華やかなのが見られたと…後で…すいません、阿部知代さん」と謝ると、スタジオも笑いが起こっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス