文字サイズ

石田純一、未だに続く誹謗中傷…ネットコメントに「読むと死にたくなる」

 新型コロナに感染し、回復した俳優の石田純一(66)が31日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」の取材に応じ、今も誹謗中傷が続いていることを明かし、ネットコメントなどを読むと「死にたくなる」と本音をもらした。

 石田は自粛期間中の4月に仕事で沖縄へ行き体調を崩した。帰京後の検査で新型コロナ陽性が判明し、入院。5月に無事退院した。体調を心配する声もあった一方、自粛期間中の沖縄行きで、滞在したホテルが休業に追い込まれるなど影響も広がったことで、非難の声もあった。

 この非難の声は退院から2カ月以上経過した今も続いているという。「世の中全体が規制というか自粛というところで、禁忌を破った代表みたいになっているので誹謗中傷続いています」と打ち明けた。

 もちろん「お叱り受ける部分もある」「判断が甘かった」と十分反省しているが、いまだに「メールも来ます」「『死ね』とか、『お前の家族…』っていう脅迫じみたやつもあるので、それは解析していただいて、今調べています」と疲れ切った表情を浮かべた。

 幸い、家族への被害は今はなく「家族に罪はないし、楽しく過ごさせてもらっています」というが、ネットのコメントなどについては「読んだら、はっきり言って死にたくなりますよ」とも吐露。そして、中傷する人達へ「俺をどうしたいの?ということになるんで…」と困惑しきり。「自分にも生きる権利あるし、発信する権利もある」と訴えていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス