文字サイズ

24時間TVで志村けんさん企画 ドキュメント映像と重岡大毅主演ドラマで素顔描く

 新型コロナウイルス感染による肺炎で3月29日に70歳で死去したタレント・志村けんさんをしのぶ企画が、日本テレビ系「24時間テレビ43」(8月22日、23日)内で放送されることが25日、わかった。この日放送された同局系「天才!志村どうぶつ園」(土曜、後7・00)で発表された。スペシャルヒューマンストーリー「誰も知らない志村けん -残してくれた最後のメッセージ-」(8月22日、後9・00頃)として、ドキュメント映像とドラマで構成。ドラマ部分では、ジャニーズWEST・重岡大毅(27)がテレビディレクター役で主演する。

 日本中に笑いを届けてきた志村さんの知られざる素顔が、本人の映像と現場で接し続けたスタッフの視点で描かれる。24時間テレビでは恒例となっていた2時間ドラマの枠で、ドキュメントとドラマ、志村さんが愛した音楽も盛り込んだ企画として放送される。

 生涯をかけて芸の道と笑いを追究した志村さんは、自分の素をさらけ出すことを良しとしていなかったが、04年に「-どうぶつ園」がスタート。動物に全力で愛情を注ぐ姿は視聴者に支持され、人気を博した。16年半に及んだ番組の歩みを軸に、誰も知らない想いを抱えていた志村さんの物語、最後のメッセージをひもといてゆく。

 今年の24時間テレビのメーンパーソナリティーを務める重岡は「-どうぶつ園」の開始時から、志村さんとずっと歩んできたディレクター役で主演。「老若男女から愛される人気者で、ものすごく温かいイメージ」と志村さんの印象を明かし「志村さんに触れさせていただく中で『職人』だったり『責任を背負い仕事を頑張る大人ってどういうことなのか?』を学ぶことができたら嬉しいです。僕なりのメッセージを届けられるよう、精一杯頑張ります」と意気込んだ。

 「-どうぶつ園」は9月で終了し、10月からは嵐・相葉雅紀(37)がMCを務める新たな動物番組が始まることが決まっている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス