文字サイズ

コロナ禍乗り越える地域社会を支援!! 明治安田生命が総額7億円寄付

 明治安田生命は22日、新型コロナウイルス感染症拡大をふまえた社会貢献として、大きな影響が生じている地域社会の支援等を目的に総額7億円の寄付を行うことを発表した。

 地域社会をサポートする新たな取り組み「地元の元気プロジェクト」の一環で7億円の内訳は。

 ①「従業員と会社拠出のマッチングによる『私の地元応援募金』」として総額5億円 コロナ禍の影響により全国各地域で支援を必要とする自治体や医療機関、福祉施設等を対象に、また全従業員が居住地や出身地などのゆかりある地域の団体等に任意で募金。

 ②東京都および大阪府へ1億円 本社機能のある東京都と大阪府のコロナ対策に各5000万円を寄付。

 ③「あしなが育英会」へ1億円 コロナ禍の影響で、アルバイト先の休業や休校によって遺児家庭生活が圧迫されている状況をふまえ「あしなが育英会」に新たに1億円を寄付。同社は「あしながチャリティー&ウォーク」を開催するなど、同育英会の活動を継続的に支援している。

 ほかにも「タイトルパートナー」として応援しているJリーグとの特別協賛契約を締結。公式戦の開催を延期しているJリーグ・Jクラブの活動再開支援のほか、コロナ禍を乗り越える地域社会を後押しする新たな協働取り組みを行うことを目的に、Jリーグや全Jクラブと「とことん!地域応援キャンペーンwith J」を展開。「みんなの健活プロジェクト」「地元の元気プロジェクト」におけるさまざまな活動を広げていく。

 同社は「今後も新型コロナウイルス感染症が一日も早く収束し、社会全体が元気を取り戻すことを願い一層の支援継続をしていく」という。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス