文字サイズ

萩原聖人、沖縄戦は「絶対に知る必要がある出来事」 映画「島守の塔」撮影開始

 太平洋戦争末期に地上戦があった沖縄を舞台に、日本本土から派遣された内務官僚たちの姿を描く映画「島守の塔」(五十嵐匠監督)が25日、沖縄県うるま市の伊計島でクランクインした。4月下旬に撮影を終える見通しで、来年夏にも全国で順次公開する予定。

 主人公は、沖縄県知事として赴任した兵庫県出身の島田叡(萩原聖人)と、沖縄県警察部長を務めた栃木県出身の荒井退造(村上淳)。日本軍の命令に従いながらも苦悩し、戦禍が激しくなるのに伴って県民の疎開に尽力した姿を描く。

 晴天の下、伊計島のビーチで撮影は始まった。萩原は「(沖縄戦は)絶対に知る必要がある出来事だと思う。全ての日本人に見てもらえる映画にしたい」と意気込み。村上は「沖縄をやるのは覚悟がいる。身が引き締まる思いだ。戦後75年となった今だからこそ、沖縄戦について伝えたい」と語った。

 製作委員会には神戸新聞社、琉球新報社、沖縄タイムス社などが参加している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス