文字サイズ

つくば市 トレンド上位に…自由登校&給食「羨ましい」と話題 仕事休めない親に対応

 安倍晋三首相が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、突然、全国の学校に休校を要請したことで混乱が広がった28日、ネット上では「つくば市」がツイッターのトレンド上位に浮上した。茨城県つくば市が同日に決定した対応が、現状では現実対応だとの意見が多く集まっている。

 政府要請を受け、つくば市は「仕事を休めない保護者の皆様の対応を考慮」としたうえでの対応を公式HPで発表した。

 ◆感染防止策を講じたうえで準備期間として3月5日までは通常登校とするが、不安がある場合には、登校しなくても欠席扱いにならない。

 ◆3月6日から3月24日までは臨時休業とするが、登校は可能で、教員が対応。授業は実施せず、自主学習とする。

 ◆開校時間は8時00分から15時00分までで、放課後に当たる時間帯は通常どおり学童保育を実施。

 ◆給食は3月5日まで提供し、3月6日以降については、3月2日に行う希望調査に基づき、希望した児童に用意する。

 これらが主な対応内容で、ネット上では「つくば市の対応が素晴らしい」「現実的」「住みたい」「給食うらやましい」とのコメントが続いている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス