文字サイズ

氷川きよし 手作りスイーツ共演者にプレゼント…長良グループ歌の祭典

 写真撮影タイムで笑顔で会場のファンへ笑顔で手を振って応える氷川きよし=東京国際フォーラム
オーバーな振り付けで昭和枯れすすきを歌う氷川きよし(左)と水森かおり=東京競馬場(撮影・三好信也)
東京公演も大盛況で笑顔をみせる(左から)西寄ひがし、辰巳ゆうと、氷川きよし、山川豊、田川寿美、水森かおり=東京国際フォーラム
3枚

 長良グループ所属歌手による「新春豪華歌の祭典2020」が16日、東京国際フォーラムで行われ、歌手・氷川きよし(42)、山川豊(61)、田川寿美(44)、水森かおり(46)、辰巳ゆうと(22)が出演した。

 バレンタインデーの2日後とあって、氷川は開演前に共演者に手作りのブラウニーをプレゼント。「チョコレートを溶かして、昨夜から仕込みをして」という“バレンタイン女子”顔負けのスイーツと気遣いで、他の4人から「おいしかった」と、異口同音に絶賛された。また、4日発売の新曲「母」が、自身20年連続となる全体チャートでのベスト10入り。「20年間かわいがっていただいて、本当にありがとうございます」と感謝し、ステージでも披露した。

 カバー曲のコーナーでは、山川が森昌子の「せんせい」をセーラー服&お下げ髪の衝撃コスプレで熱唱。場内は爆笑に包まれた。水森が「日に日に山川さんのセーラー服姿が洗練されて美女になっている。私は毎晩うなされてます」と苦笑すれば、氷川も「最初に見た時は、腹が痛くなった」と告白。観客や後輩からの抜群の反応に、山川も「嫌だ嫌だと言いながら、もう来年のことを考えてますからね。来年は矢沢永吉さんをやろうかな」と、ノリノリだった。

 13回目となる恒例の公演は「東京五輪音頭」を全員で歌ってスタート。水森が18日発売の新曲「瀬戸内 小豆島」を、辰巳が3月18日発売の新曲「センチメンタル・ハート/男のしぐれ」を披露するなど、昼夜で1万人のファンを魅了した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス