文字サイズ

佐野元春 「冷酷なアウトローやってみたい」映画に対する深い造詣披露

 シンガー・ソングライターの佐野元春(63)が26日、都内で映画「コンプリシティ 優しい共犯」の公開記念トークイベントに登場した。

 作品は技能実習の職場から逃亡、他人になりすまして働きにきた中国人青年と、彼を受け入れる孤独なそば職人との絆を描いたヒューマンサスペンス。佐野のミュージックビデオなども手がけてきた近浦啓監督(42)の長編デビュー作となる。

 佐野は映画に対する深い造詣を披露し、ともに登壇した近浦監督から「逆に聞かせてもらってもいいですか?映画でどういう影響があったのか知りたくて」と質問される場面も。10代の頃、フランスのヌーベルバーグやアメリカン・ニューシネマに触れていたことを明かし「表現することに興味があって、詞とか曲とかを書いたりしていたけど、映画にも興味を持って。新宿にいい単館上映館があって、いろんな映画を見た記憶があります」と振り返った。

 近浦監督から「夢の一つとして、いつか映画作家として佐野さんに向き合ってみたい」とオファーを受けると「光栄ですね」と笑み。「僕が役をやるとしたら、ちょっと憧れが一つあって、アウトローをやってみたい。冷酷なアウトローをやってみたいですね。もし、そういうシナリオを書いたら、よろしくお願いします」と意外な希望を口にすると、観客からは驚きの声がもれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス