文字サイズ

欅坂に大激震 平手友梨奈が「脱退」 織田奈那、鈴本美愉は卒業 佐藤詩織が休業

 欅坂46の平手友梨奈(18)が23日、グループを電撃脱退した。公式HPで発表された。織田奈那(21)、鈴本美愉(22)の卒業と、佐藤詩織(23)の休業も同時に発表され、グループにとって大激震だ。関係者によると、いずれもグループを去る中で、平手が「脱退」で、織田と鈴本が「卒業」としたのは「平手が『脱退』という言葉を希望したため」という。

 平手はこの日放送されたTOKYO FM「GIRLS LOCKS!」に出演。自身が欅坂から脱退することを報告し「その件について今は話したいと思わない。いつか話したいと思ったときに話したい」と吐露。エンディングでは、泣いているような鼻をすする声が。「また来月、明るくお会いしましょう」と締めくくった。

 平手は、2015年8月、当時の「鳥居坂46」のオーディションに合格。欅坂としてデビュー後、19年2月発売の「黒い羊」まで、シングル全8曲でセンターを務めるなど、絶対的なエースとして君臨し続けた。

 一方で、アクシデントも付きまとった。17年末の紅白歌合戦では、ステージ上で過呼吸のような症状を発症し、メンバーに抱えられて退場した。19年の全国ツアーも一部しか出演できず。ファイナルの東京ドーム公演には出演し、アンコールでソロ曲「角を曲がる」を歌って締めくくる異例の演出となった。

 関係者によると、今後の活動については未定だが、ソロでの音楽活動を行うとみられる。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス