文字サイズ

宝塚宙組トップ真風、異国の地でサムライ魂熱演

 宝塚歌劇団宙組トップスター真風涼帆(まかぜ・すずほ)主演の「El Japon(エル ハポン)-イスパニアのサムライ-/アクアヴィーテ!!-生命の水-」が15日、兵庫・宝塚大劇場で初日を迎えた。

 慶長遣欧使節団としてスペインに派遣された仙台藩士の蒲田治道を演じた真風。「サムライ魂というか、国民性の違いを表現できたら」との言葉通り、スペインで出会った宿屋の女主人との恋や、謎の剣士との交流を丁寧に描いた。

 現在もスペインのアンダルシア州のコリア・デル・リオには、実際に“サムライの子孫”だという「ハポン(日本)」姓を名乗る人々が住む。そうした事実を元に、虚実織り交ぜロマンティックな物語になった。

 ショーはウイスキーをテーマに、おしゃれで大人っぽい雰囲気。真風やトップ娘役・星風まどか、2番手・芹香斗亜らをはじめ、宙組の実力派の面々が盛り上げている。

 12月15日まで。東京宝塚劇場公演は来年1月3日~2月16日。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス