文字サイズ

藤井聡太七段、久保利明九段との対局始まる 勝てば史上最年少タイトル挑戦に王手

 将棋の史上最年少タイトル挑戦を目指す高校生プロ棋士の藤井聡太七段(17)が14日、大阪市の関西将棋会館で行われた第69期王将戦挑戦者決定リーグで、久保利明九段(44)との対局に臨んだ。

 優勝者が渡辺明王将(35)への挑戦権を得るトップ棋士7人の総当たり戦で、藤井七段は現在3勝1敗。久保九段との対局に勝てば、4勝1敗で広瀬章人竜王(32)と並ぶ。

 藤井七段は広瀬竜王と対局を残しており、19日のリーグ最終戦を制すると挑戦権を獲得。来年1月に始まる王将戦七番勝負に17歳5カ月で臨むことになり、屋敷伸之九段(47)が持つタイトル挑戦の最年少記録(第55期棋聖戦=17歳10カ月)を更新する。

 逆に久保九段との対局で敗れれば、自力での挑戦権獲得が厳しくなる。負けられない一戦に、やや緊張した表情で対局室に登場。藤井七段の先手で、午前10時から対局が始まった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス