文字サイズ

相葉 「2019FNS歌謡祭」初司会 紅白・櫻井と年末音楽番組を嵐締め!

 嵐の相葉雅紀(36)が、年末恒例のフジテレビ系「2019FNS歌謡祭」(第1夜・12月4日は後6・30、第2夜・同11日は後7・00)の総合司会を初めて務めることが7日、明らかになった。相葉が音楽番組の司会を単独で務めるのは、2016年のNHK「紅白歌合戦」以来3年ぶり2度目。フジテレビ・永島優美アナウンサー(27)とタッグを組み、年の瀬の音楽の祭典を盛り上げる。

 3年前にNHKの大みそかの祭典を仕切った相葉が、今度はフジテレビの年末音楽特番に登板する。今年の紅白では櫻井翔(37)が2年連続で白組司会を務めることが決定しており、2019年を締めくくる音楽番組を嵐が席巻する。

 今年で放送45周年を迎える伝統ある同番組は、2夜合計9時間30分の長丁場。従来の“ラグジュアリーなコンサート”という番組コンセプトに、新たに家族団らんのテイストを加え、司会とアーティストのトークパートの時間を増やすなど内容をリニューアル予定。屈託ない笑顔と和やかな雰囲気で幅広い世代から愛されている相葉に、白羽の矢が立った。

 相葉は「デビュー当時、『A・RA・SHI』をトップバッターで歌わせていただいた初めての『FNS歌謡祭』は、大人の雰囲気が漂い、とても緊張したことを、毎年出演させていただくたびに思い出します」と20年前を回想。「格式高く伝統のある高貴な番組のイメージを大切にしつつ、ご出演されるアーティストの皆さんや、幅広い世代の皆さんにテレビの前で楽しんでいただけるよう、精いっぱい頑張りたい」と抱負を語った。タッグを組む永島アナも「優しさあふれる相葉さんとともに、アットホームで笑顔になれる時間をお届けできれば」と意気込んだ。

 この日、レギュラー番組の「VS嵐」の中でも、大役を務めることを報告した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス