文字サイズ

KenKen被告に求刑6月「リラックスするため」17歳から大麻使用と明かす

 大麻を所持した罪で逮捕・起訴されたロックバンド「RIZE」と「Dragon Ash」のベーシスト、KenKenこと金子賢輔被告(33)の初公判が16日、東京地裁で行われ、検察側は懲役6月を求刑し、即日結審した。判決は30日に言い渡される。

 長髪を下の方でお団子ヘアにまとめ、黒いスーツ姿で入廷。職業を聞かれると「音楽家です」と答えた。

 金子被告は起訴内容を認め、「初めて大麻を使ったのは17歳の時。リラックスするため」だったと明かし、「友人2人から譲り受け、10年ほど前から月に1~2度の頻度で使用していた」などと説明した。

 最後は「非常に反省しております。仲間、関係者、家族もそうですし、ここまで支えてもらいながら、こうなってしまい、情けない。もう一度、仲間たちとどう生きていくか考えていきたい。ご迷惑をおかけしました」と謝罪。傍聴席にも頭を下げた。

 なお、ともに逮捕された「RIZE」のボーカル、JESSE(ジェシー)ことマック・ファーデン・ジェシー・ソラト被告の初公判は今月8日に行われ、懲役2年が求刑されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス