文字サイズ

N国・丸山議員、失敗肯定のホリエモンに賛同「挑戦者を笑う日本の風潮は害悪」

 NHKから国民を守る党(N国)の丸山穂高衆院議員が14日、ツイッターを更新。実業家の堀江貴文氏が「成功者は軽い失敗もたくさんする」という内容のツイートをしたことに対して、「挑戦者を笑う日本の風潮は害悪」「(失敗を)叩くだけの老害や既得権どもに言いたい」などと、自身の“失敗”を踏まえながら賛同した。

 堀江氏は13日、自身に批判的なコメントに対して「成功するやつは沢山チャレンジしてる軽い失敗もたくさんするんだよ。なにもしない奴よりマシ」と返答。丸山氏は「ほんとコレ」と同意し、「この30年ずっと言われてるけど時代に必要なのは挑戦者、小さいか大きいか含めて失敗もしないけど挑戦もしないやつが、挑戦者を笑う日本の風潮は害悪としか」と投稿した。

 “戦争発言”などで糾弾決議を受けるなど、バッシングを受けてきた丸山氏は「過去30年の経済的停滞、精神的な閉塞感見てもこの国に足らないのは挑戦者なんだよ。ほんと叩くだけの老害や既得権どもに言いたい」と、実体験を踏まえて主張した。

 堀江氏は、N国の立花孝志党首から党代表をオファーされるなど“蜜月”関係にある。立花党首の参院埼玉補選立候補については「頭良すぎてやばい」と絶賛し、動画で「参院での議席数を増やして改憲勢力のキャスティングボートを握ることによって(安倍政権にとっても)重要な地位を占めるという戦略」と評価。そうした背景も含め、丸山氏はN国にとって“盟友”となっている堀江氏に理解を示していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス