文字サイズ

「いだてん」最終章に“俳優・三谷幸喜”出演 公式記録映画総監督の市川崑役

 NHK大河ドラマ「いだてん」(総合、日曜、後8・00)に、脚本家の三谷幸喜氏(58)が俳優として出演することが20日、分かった。この日、同局が1964年・東京五輪パートの新キャストを発表。三谷氏は公式記録映画「東京オリンピック」総監督の市川崑役で出演する。

 市川は黒澤明監督に代わり、急きょ、記録映画の監督に就任。当時の興行記録を塗り替えるものとなる。ほかに建築家・丹下健三を松田龍平(36)、総理大臣・池田勇人役を立川談春(53)が務めることも発表された。

 脚本の宮藤官九郎(49)は「作者として最も心血を注いだ部分。いよいよ最終章です」とコメントした。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス