文字サイズ

門倉有希が乳がん告白 「普通のデキモノと思い…」貧血で倒れ検査で発覚

 歌手の門倉有希(45)が18日、ブログを更新し、乳がんであることを告白した。

 門倉は昨年8月に胸の異変に気付いたものの「私は小さい頃から病気とは縁のない元気な子供だったので普通の“デキモノ”だと思い、市販の薬を塗っていましたが、ついに貧血で倒れ病院に運ばれました」。

 そして検査の結果「がんが発覚しました」と公表。「がんと解った時、自分の身体のことより、これから歌はどうなるのか?仕事は?頭の中が真っ白になりました」と当時の心境を明かした。

 幸い、治療は順調で「6月よりコンサートのステージに立つことが出来るまで回復しました」といい、11月にはカバーアルバム発売も控える。「がんに負けている訳にはいきません」と力強く宣言した。

 そして「反省」として、「自分の身体に対する自己過信や自分の病気に対する自己判断などががんの発見を遅らせたと反省しています。異変に気付いたらすぐ病院へ…大切な夢や生きる目的をなくすことのないように…」と、自身の体験をもとに、ファンへ注意も呼びかけていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス