文字サイズ

高木美保 うつで自殺考えた「死ぬしかないと…」

 女優・高木美保が2日、フジテレビ「直撃LIVE グッディ!」に生出演。うつ病経験を告白した。うつ状態は7年続いたという。

 「自殺願望が出てきてしまうぐらい、症状が重かった」と告白。仕事を休むと周囲に迷惑をかけると思い、頑張って仕事を続けてきたが、「死ぬしかない、と思った時点で」勇気を出して、芸能活動を休む決断をしたと述懐。「『頑張って』と言う言葉が患者にはつらい。最後は『ごめんなさい、皆さんの期待を裏切るけど、私は休みます』と言った」と自ら休養することを決断したという。

 うつと気付くきっかけは、「ある日、ものすごく激しい動悸が襲ってきて、パニック状態になったんですね。で、閉所恐怖症になって、車に乗れなくなったり、渋滞がダメになったり。いつも食事に行ってるレストランなのに、突然緊張に襲われたりとか」と振り返り、「周りがみんな敵に見える」という心情になり、何かおかしい、と病院を訪れたという。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス