文字サイズ

吉本・岡本社長 会見で涙の謝罪「芸人ファーストでなかった」 さんまの言葉にも涙

一連の騒動について会見する吉本興業・岡本社長=東京都新宿区(撮影・出月俊成)
3枚

 吉本興業・岡本昭彦社長(53)が22日午後2時半から都内で記者会見を開き、反社会勢力との闇営業で契約を解除した雨上がり決死隊・宮迫博之、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号・田村亮について、2人の処分を撤回することを発表した。また「芸人、タレントファーストでなかった。心からお詫びします」と涙をぬぐいながら謝罪した。

 明石家さんまに「『芸人のことを考えてやってほしい。もちろん会社の立場もあるだろうけど。もし(契約を)解除するなら、オレが手伝ってやってもいいか』とも言われました」と明かす場面では、言葉が震え、目はまっ赤だった。

 岡本社長は会見冒頭、宮迫、亮について「ああいう記者会見させてしまったことに対して、深くお詫び申し上げます」と謝罪。「非常に辛い思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っております」とも語り、「つきましては処分の撤回を行いまして、改めて彼らがミーティングの席に立っていただけることがありますなら、いつの日か戻ってきてもらえることがあるならば、全力でサポートしていただけたらと思っております」と発言。宮迫の契約解除の処分について「撤回」という言葉を使って頭を下げた。

 「本当の意味で芸人、タレント、ファーストが実現できていなかったことを彼らに対しまして、心からお詫びを申し上げたいと思います」と頭を下げ、「もし彼らの気持ちが受け入れられてもらえるものならば………」と話し、涙をすすり、30秒ほど沈黙。「…すみません、同じテーブルに向かい合って彼らの思いに耳を傾け、最善の解決策を一から考えていきたいと思います」と手で涙をぬぐった。

 反社会的勢力の会合に所属芸人が出演し金銭を受け取った問題で、吉本興業側が正式な会見を開くのは初めて。会見冒頭では、「反社会勢力からタレントから金品を受け取ってしまったことに対して、事務所を代表してお深く詫び申し上げます」と頭を下げ、謝罪した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス