文字サイズ

松本人志が激白「松本興業作って」 宮迫と亮への愛情見えた「ワイドナ」緊急生放送

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(55)が21日、レギュラーを務めるフジテレビ系バラエティー番組「ワイドナショー」(日曜、前10・00)に出演した。緊急生放送となった番組内で、反社会的勢力からの金銭授受などで吉本興業から契約を解消された雨上がり決死隊・宮迫博之(49)と、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)が20日に行った会見について言及。吉本への不信感を示すとともに、「『松本興業』を作ってやらかした子を引き取る」など、宮迫に救いの手を差し伸べる意志を見せた。同社の岡本昭彦社長(53)に、会見を開くよう要請したことも明かし、岡本氏はきょう22日、都内で会見を開く。

 普段通りのウイットに富んだ語り口の中にも、後輩への、そして吉本興業への、松本流の絶大なる愛情が垣間見えた。

 松本は同社へ向け「吉本興業内にもう一個、松本興業じゃないですが、僕の部署を作ってくれ」と、驚愕(きょうがく)の要望を会社に伝えたことを告白。「やらかした子やイエローカードの子を引き取る。保証人じゃないけど、生かしたってくれって。自分から辞めるならともかく、上から言われてクビ切るのは違う」と思いの丈を語った。

 松本は20日、宮迫と亮の会見を目にし、「思ったよりハード。これは無視できない」と痛感。自身のツイッターに「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます」と投稿した。その言葉通り、同日深夜、関西から新幹線で品川駅に到着すると、その足で吉本興業東京本部へ。大崎洋会長(65)、岡本社長、番組でも共演する東野幸治(51)と、約1時間半に渡り緊急会談を行った。

 「このままじゃ吉本は良くない。ここまで追い込んだ会社は絶対良くない。吉本興業は壊れていく」と、相当の危機感を持った松本は、大崎会長や岡本社長に、一連の問題について意見をぶつけた。大崎会長は一部の関係者には辞意をほのめかす発言をしており、松本にも同様に伝えたという。

 松本にとって大崎会長は、デビュー当時から支えてもらった大恩人。「それは全力で止めました。大崎さんがいなくなったら僕は辞めます。僕の兄貴なんでね」と、さすがに目を潤ませた。一方で自身は、吉本が金銭授受について「静観する」として発表が遅れたことに触れ「だったら、吉本おれないかもしれない。この吉本興業にはいたくないです、こんな会社では絶対ダメ、と言いました」と、退社を考えたことも明らかに。

 スーパースター・松本による、まさに渾身(こんしん)の“再建策”が、吉本興業を動かそうとしている。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス