文字サイズ

近藤春菜 吉本会長の発言に反論「会長と芸人の相違、芸人は納得してない」

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜(36)がサブMCを務める日本テレビ系情報番組「スッキリ」に出演。同じ吉本興業のタレント13人が反社会勢力との闇営業で謹慎処分を受けた問題について語った。

 吉本は13日、闇営業で処分した13人について報酬額を公表。雨上がり決死隊・宮迫博之が100万円を受け取っていたことなどを明かした。近藤は吉本の発表について「対応が遅い」と指摘。「ほかの事務所の芸人(ザブングル)さんの対応見たりとか、週刊誌で金額が出たから今言ったんじゃないか、って印象持たれても仕方がないくらい遅い対応だと思いました」「すべてが後手後手に回っているな、って印象」と厳しい発言。

 さらに、吉本興業ホールディングスの大崎洋会長(65)が新聞社などのインタビューに応じ、所属芸人と契約書を交わしていないことについて「(口頭でも)契約関係は法律上成立している」「民法上も、口頭で成立します」などと説明したことにも疑問を投げ掛けた。

 近藤は「会長は口頭でも契約は成立する、っておっしゃってましたけど。芸人が…お互い(契約内容に)同意してないと。(私は)口頭でも聞いた覚えないですし、会社の(ギャラの)取り分とかほかの部分に関しても(聞いた覚えが)何もない。私は養成所(NSC)に入って、そのままなんとなく(今に至る)流れできて。会長のおっしゃってることと芸人みんなの“相違”…、これで納得してる芸人っていないと思います」と批判的な目を向けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス