文字サイズ

氷川きよし“龍神”に 43曲万感唱 デビュー20周年記念コンサートin武道館

 龍の衣装で熱唱する氷川きよし=日本武道館(撮影・三好信也)
1枚拡大

 歌手・氷川きよし(41)が12日、東京・日本武道館で、デビュー20周年記念コンサートを行った。

 デビュー5周年以降、5年ごとの節目に歌声を響かせてきたライブの殿堂で、オープニングから度肝を抜いた。ステージ奥の巨大扉が開いて姿を見せると、3階席に相当する高さ5メートルへとリフトアップ。公演テーマをタイトルとした新曲「龍翔鳳舞」を歌いながら、黄金の龍を巻き付けた衣装の、20メートルもある緑色の裾をはためかせて“龍神”と化した。

 「デビューから20年。自分1人の力では何もできませんでした。皆さまに支えられ、今日の日を迎えることができました。感謝の気持ちでいっぱいです」と、ファン8000人とともに歌手人生の“成人式”を祝った。

 「七色の氷川きよしを表現したい」と、デビュー曲「箱根八里の半次郎」は股旅スタイルで歌い、アニメソング「限界突破×サバイバー」ではロックシンガーばりのシャウトとヘッドバンギング。今年迎える年齢「42」に、将来へ向けた1曲を加え、計43曲の万感唱を届けた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス