文字サイズ

熊田曜子 モラハラ話題のインスタ説明 手つかず夕飯も「作らないと夫婦として…」

熊田曜子
1枚拡大

 タレントの熊田曜子が28日、フジテレビ系「ノンストップ!」で、夫が「いる」といった夕食を全く食べず、それが「100回は経験している」などとつづったインスタグラムについて説明。ネプチューンの名倉潤は「それ、おかしない?作ってくれた人に対して」と、熊田の夫に苦言を呈した。

 熊田はインスタグラムのストーリーに品数の多い夕食の写真に×をつけた写真を投稿。夫が「いる」と言った夕食を作ったものの、手を付けてくれず、「朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理」「もう100回は経験してるけどかなりのダメージ」とつづり、ネットでは「モラハラでは」などの声が上がっていた。

 番組ではこの熊田のインスタを取り上げたが、熊田は夫が夕食をいるといった時には写真通り、品数豊富な夕食を作ると説明。「いるっていって食べないのが日常化」などと語り、「もっとショックなのは、(作った夕飯は)食べてなかったが、ゴミ箱みたらカップラーメンのパックがあって」と、用意されたものを食べずカップラーメンを食べていたこともあったと告白した。

 これにはゲストのネプチューン・名倉潤も口をあんぐり。「絶対食べるよ。っていうか、おかしない?作ってくれた人に対して。旦那さん、おかしない?」と正論をぶつけた。熊田は「食べるっていうときは食べるし、時々食べる時もあって、そのときは気に入ったものだけ食べる」と言ったことから、名倉は「子供なの?」とあきれ顔。熊田は「36歳です」というと「甘えすぎじゃない?」と感想をぶつけた。

 大神いずみも「1、2回繰り返したら、絶対作らない」と断言。名倉も「もう毎回梅干しだけ置いておいたらええ」と、食べないのに作る必要はないと訴えた。

 すると熊田は「作らなければいいじゃんと言われるが、作らないと夫婦としてどうなんだろうって」と言いだし、大神は「古い!古いよ!」とピシャリ。食べない理由は聞かないのか?という質問には「会食に行ったとか(と言われる)」とポツリ。そして「また食べないの?とか、いつ食べるの?と言うと『また小言オバサンが来た』とか言って、どっか行っちゃう」と、夫の驚きの発言も明かすとスタジオは苦笑い。

 熊田は「主人のお母さんが『胃袋をつかめって』と言ってて」というと、名倉から「つかめてないやん!」と猛突っ込みを浴びせられていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス