文字サイズ

「ロンハー」ACジャパンCMが7連発…亮は画面から消えるも

 お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮(47)がレギュラー出演するテレビ朝日のバラエティー番組「ロンドンハーツ」(火曜、後11・20)が25日、放送されたが、亮の姿は映されず、エンドロールでも亮の名前は消えていた。亮は振り込め詐欺グループとの闇営業で金銭を受領(じゅりょう)していたことが判明して所属する吉本興業から前日24日に無期限謹慎処分を受けており、この日は処分後、初の放送だった。

 番組では後半から、ACジャパンのCMが7連続で放送された。

 亮と同じく謹慎処分となった宮迫博之が出演していた同局「アメトーーク!」も、前週までスポンサーがCMを取り下げるなどし、ACジャパンのCMに差し替わり、その数が増えていると指摘されていた。

 この日の番組のオープニングではこの日のダイジェストが流されたが、亮の姿は映らず。オープニングではテロップでの説明もなかったが、CM明けに「この番組は6月2日に収録したものです。」というテロップが出た。

 その後も終了まで亮の姿は出て来ず、時たま亮のものらしき緑色のシャツの袖がちらりと映るのみ。エンドロールでの出演者クレジットも「ロンドンブーツ1号2号 田村淳」のみで、亮の名前はなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス