文字サイズ

宮迫ら芸人11人 無期限謹慎 吉本が大量処分 闇営業で金銭の授受認める

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(49)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47)ら、吉本興業所属の芸人11人が24日、同社から無期限謹慎処分を下された。処分された11人は、すでに契約を解消されたお笑いコンビ・カラテカの入江慎也(42)を通じ、2014年12月に行われた大規模詐欺グループの忘年会など、反社会的勢力のパーティーに出席。事務所を通さずに仕事をする闇営業の形で関与したことで厳重注意処分を受けていたが、この日までに「一定の金額を受領していた」ことが判明したため、さらに重い処分となった。

 「笑いの総合商社」が、芸能界にはびこる深い“闇”にのみ込まれた。問題発覚から2週間あまり、大規模な振り込め詐欺集団からの金銭授受を認めた11人の人気芸人は、無期限で表舞台から姿を消すことになった。

 11人はこの日、報道各社にファクスでコメントを発表した。宮迫はスポンサーら関係者に謝罪した後、「そういった場所へ足を運んでしまい、間接的ではありますが、金銭を受領していたことを深く反省しております」と、当初は否定していたギャラを受け取ったことを認めた。

 相手が反社会的勢力であったことについては、あくまで知らなかったと強調。「断じて繋がっていたという事実はないことはご理解いただきたいです」と主張した。その上で「パーティーに出演し盛り上げている自身の動画を目の当たりにして、情けなく、気づけなかった自身の認識の甘さに反省しかございません」と、反省の言葉を並べた。

 今月7日発売の週刊誌「FRIDAY」が、14年の忘年会出席を報じたことで、問題が発覚。出演の手引きをしたとして、入江は今月4日付で吉本興業から契約を解消された。宮迫や亮ら、出席したとされる芸人は、相手が反社会的勢力であることは知らず、金銭も一切受け取っていないとしたため、厳重注意処分となった。

 だが、18日発売の週刊誌「FLASH」で、入江に対して300万円、宮迫にも入江を通して100万円のギャラが渡されたと報じられるなど、金銭の授受を裏付ける証言が続出。事態を重く見た吉本興業がさらに聞き取りを続けた結果、宮迫らが「報じられていたような金額ではなかった」としながらも授受を認めたため、無期限の謹慎処分に踏み切った。

 亮は謝罪コメントで「世間の皆様に虚偽の説明をしてしまった」と告白。相手が反社会的勢力であることも知っていたとの報道もなされていることから、信頼を取り戻すには相当な時間を要することは間違いない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス