文字サイズ

韓国は「手首を切るブス」岩井志麻子氏発言 関西テレビが謝罪「誤りだった」

 岩井志麻子氏
1枚拡大

 作家の岩井志麻子氏(54)が5月18日放送の関西テレビ「胸いっぱいサミット!」(土曜、後0・00)で、韓国人について「手首を切るブスみたいなもんなんですよ」と発言したことについて、同局は18日、コメントを出し「そのまま放送するという判断は誤りだった」と謝罪した。

 同局は「差別的な意図がないとして放送したが、さまざまな意見や批判をいただき、社内で議論した」と説明。さらに「さまざまな感じ方をされる視聴者への配慮が足りず、心情を傷つける表現だった。視聴者の方には申し訳なく思っています。真摯(しんし)に反省しています」とした。

 韓国人の夫を持つ岩井氏は、番組にパネリストとして登場。進行役のハイヒール・リンゴから韓国人の気質を問われ「とにかく手首を切るブスみたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えていれば、だいたい片付くんです」などと、リストカットする女性に例えて話した。

 「胸いっぱい-」は収録番組だが、岩井氏の発言は編集されずにそのまま放送された。同局によると、22日の番組で謝罪するかどうかについては未定だという。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス