文字サイズ

香取慎吾 主演映画の塩釜試写会にサプライズ登場「どうしても僕が来たくて」

大量の鮮魚を贈られた香取慎吾=宮城・塩釜水産物仲卸市場
3枚

 タレントの香取慎吾(42)が13日、宮城・塩釜水産物仲卸市場で行われた主演映画「凪待ち」(28日公開)の完成報告試写会にサプライズ登場した。同市場は昨年6月18日にクランクインした場所。

 香取も登場すると、集まった市場関係者70人から驚きと喜びの声が上がった。一升瓶ケースの上に立った香取は「どうしても僕が来たくて。最初のシーンは役に入るのに難しいところもあるんですけど、市場の空気がグッと引っ張ってくれました」と“舞台あいさつ”。客席には年配女性の姿も目立ち、「ファン層が上がったとビックリ。ちょっとしたことで大爆笑してくれる、おばあちゃんの笑い声が幸せ」とおどけてみせた。

 「凪待ち」は、ギャンブル狂のろくでなし(香取)が被災地へ引っ越して人生の再生を目指すヒューマンサスペンス。香取は震災発生4カ月後の2011年7月に石巻で映画無料上映会に参加するなど、たびたび被災地を慰問しており、「道が整備されても、やっぱり傷はあるなと。普段(ニュースで)目にすることが減ってきてるので、こうして足を運ぶと色んなことを感じます」と、震災の風化を危惧していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス