文字サイズ

純烈 現在の月収は「年齢くらい」、初期は「2年で5万円」

共演したスーパー・ササダンゴ・マシン(中央左)と今林久弥(中央右)、純烈の(左から)後上翔太、酒井一圭、白川裕二郎、小田井涼平=東京・渋谷のNHKホール
1枚拡大

 男性4人組ムード歌謡グループ・純烈が12日、東京・渋谷のNHKホールで単独コンサートを開催する前に取材に応じ、リーダーの酒井一圭(43)が「月に自分の年齢くらい(給料を)もえるようになりました」とお財布事情を明かした。

 昨年末に初出場したNHK紅白歌合戦と同じ舞台に単独では初めて立ち、グループ最大の3500人を動員。2月にメンバーの1人がスキャンダルによって芸能界を引退し、新体制となったが、新曲「純烈のハッピーバースデー」はオリコン週間ランキングで自己最高となる初週3位と好調を維持している。

 見放さなかったファンの支えに、酒井は「健康センターでやってる僕らがNHKホールでコンサートできるなんてね。いろんな方の支えがあって今があるので、2年連続の紅白を狙わないと。(12月)31日は空けてます」と感慨深げ。結成初期に新宿で50人ほどを前にライブをしていた時期は「2年間で収入5万円くらいだった」と明かし、現在は月収40万円ほどだと説明した。

 月の休みが1日というハードスケジュールをこなしており「半分くらい事務所に持っていかれる。怪しい集団の闇営業はダメだけど、明るい方たちだったら純烈は闇営業あり」と芸能界を騒がせている芸人の闇営業をネタにし、笑わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス