文字サイズ

降旗康男監督死去、84歳 高倉健さんと数々の名作…「網走番外地」シリーズなど

降旗康男監督(2017年撮影)
2枚

 「網走番外地」シリーズや「鉄道員(ぽっぽや)」「駅 STATION」「あ・うん」などを手がけ、高倉健さんとの名コンビで数多くの作品を輩出した日本を代表する映画監督、降旗康男さんが20日午前9時44分、肺炎のため亡くなった。84歳だった。26日、東映が発表した。

 通夜、告別式は、生前の故人の遺志により近親者で密葬として執り行った。最後の監督作品は岡田准一主演の「追憶」(17年5月公開)。

 1957年、東京大学文学部フランス文学部卒業後、東映に入社。66年、「非行少女ヨーコ」で監督デビュー。菅原文太主演「現代やくざ」シリーズや高倉さん主演「網走番外地」シリーズなどを手がけた。

 74年に東映を退社し、フリーに。2014年11月に83歳で亡くなった高倉さんとは数多くの作品でコンビを組んだ盟友。降旗監督の歴史は日本映画の歴史そのものだった。

 フリー転身の4年後、高倉さん主演の「冬の華」の監督の話が舞い込み、テレビの仕事から再び映画界に。その後も「ホタル」「あなたへ」まで20作でタッグを組んだ。高倉さんについて生前、「どんな役を演じても常に人物の中に高倉健がいましたね」と語っていた。

 高倉さん主演の「鉄道員」はモントリオール国際映画祭主演男優賞を受賞。日本アカデミー賞でも最優秀監督賞・最優秀脚本賞を受賞した。山口百恵さん主演の「赤い疑惑」から始まった「赤いシリーズ」などテレビドラマも多数手がけた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス