文字サイズ

波乃久里子 喜多村緑郎にツッコんで笑いに、会社員のグチ聞き「緑郎はつらいよ」

 大阪松竹座での九月新派公演「黒蜥蜴」「家族はつらいよ」に出演する(左から)河合雪之丞、波乃久里子、水谷八重子、喜多村緑郎=大阪市内
2枚

 劇団新派の水谷八重子(80)、波乃久里子(73)、喜多村緑郎(50)、河合雪之丞(48)が21日、大阪市内で大阪松竹座の新派9月公演「黒蜥蜴(とかげ)」、「家族はつらいよ」(9月7日初日)の取材会を行った。

 令和初の新派大阪公演は、江戸川乱歩の探偵小説を原作に、喜多村と河合がスリリングな駆け引きを繰り広げる「黒蜥蜴」と、山田洋次監督の映画を舞台化した「家族は-」の2本立て。

 水谷が「いい家族の味をお持ち帰りいただきたい」と力を込めれば、河合も「二つの芝居の違いを色濃く出した方が、お客様も2度おいしいと思う」と両極の演目に自信を見せた。

 「家族は-」で3世代同居家族の長男夫婦を演じる喜多村は、プライベートでのこととして35年ぶりに中学時代の同窓会に出席。同級生達から、サラリーマンの悲哀や家族の愚痴などを存分に聞かされたという。

 役作りのプラスになったという喜多村は「まさにこういう芝居で、僕らの世代の等身大の役。くたびれていたり、子どもや介護がどうだとか。社員はつらいよですよね…皆さんもそうですよね?」と報道陣らに逆質問。波乃は「緑郎はつらいよ…」と笑わせていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス