文字サイズ

本田望結、スケート&女優の二刀流に「言い訳作るならどっちも辞める」

本田望結
1枚拡大

 女優でフィギュアスケーターの本田望結が21日、日本テレビ系「スッキリ」に、姉の真凜、妹の紗来と一緒に出演。姉妹の中で1人だけ女優とスケートの二刀流を貫いていることに「私だけ言い訳を作れちゃう」と認識し、「言い訳を作るならどっちもやめたい」と強い気持ちを示した。

 番組では、真凜、望結、紗来の3姉妹を水卜麻美アナウンサーがインタビュー。姉妹のお互いを思いやる気持ちや、幼い頃から朝5時からアイスとグリーンティを飲んでコミュニケーションを深めたという本田家独特のルールなどを紹介した。

 その中で望結は、「私は小さい頃からお姉ちゃんに追いつきたい、妹に抜かされたくないとやってきた」とスケートに取り組んできたというが「私自身、お芝居をやっていることで私だけが言い訳を作れちゃう。スケートだけじゃないと…」と二刀流だからこそ、逃げる場所があることを自覚。

 だからこそ「言い訳を作るならどっちもやめたいと思っている」とキッパリ言い切った。

 そんな望結の立場を姉妹はしっかりと認識。「そういうところをお姉ちゃんや紗来も分かってくれているので『スケートだけじゃないから』ということは、全く言わないですし、それが一番嬉しいです」と、スケートのライバルとして認識してくれていることを喜んでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス