文字サイズ

清水アキラ 三男逮捕ネタで自虐「せがれが捕…」

 がっちり握手をかわした清水アキラ(左)と美里里美=東京・三越劇場
2枚

 タレントの清水アキラ(64)が20日、東京・三越劇場で、15日にデビューした演歌歌手・美里里美(23)の新曲「夕月波止場」発表会に駆けつけ、愛弟子の門出を祝福した。17年に覚せい剤取締法違反の罪で逮捕された三男の良太郎を話のネタに自虐した。

 清水は、東北地区の数々の大会で優勝・入賞経験のある美里の実力を買い、弟子として経験を積ませた。満を持してデビューした美里は「不思議なくらい緊張なく歌えた。95点」と満足顔だったが、師匠は「60点かな」と厳しめの判定。残念がる美里は「まだまだ課題があります」と前を向いた。

 師匠の笑いのDNAを受け継ぎ「笑いの取れる演歌歌手」が目標という美里は、「目指せ!紅白で行かせて頂きたい」と早くも年末に意欲を見せた。

 大きな目標を高らかに宣言した愛弟子へ「大丈夫」と背中を押し、続けて「幸せはいつかくる。いつかくると思ってれば絶対くる」と意味深アドバイス。

 美里が「なんかあったんですか」と心配すると、苦笑いで「せがれが捕…」とまで言いかけて、いやいやと首を横に。息子について明言することは避けたが、「俺が言うと説得力あるだろう」と自虐で上手く締めていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス