文字サイズ

山口真帆らがNGT卒業公演 暴行騒動の詳細は最後まで語らず

 昨年12月に新潟市内の自宅で男性2人から暴行される被害を受けていた、アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が18日、新潟市のNGT48劇場で、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)とともに卒業公演を実施。グループから卒業した。

 出演者として発表されていたのは3人のみだったが、NGT48の他メンバーもゲスト出演した。まずアンコール前のトーク部分で、1期生の日下部愛菜(17)、小熊倫実(16)、角ゆりあ(18)、研究生の高沢朋花(15)、高橋七実(17)が登場。山口らの思い出話に花を咲かせた。

 アンコールでは、3人がそれぞれに向けた思いを手紙の形で披露。手紙の“運搬役”として、研究生の渡邉歩咲(18)が登場。山口は、この6人が山口に連絡し、卒業公演への出演を直訴してきたことを明かした。

 その後、グループの総合プロデューサー・秋元康氏(61)が、卒業公演のためだけに書き下ろしたオリジナル曲「太陽は何度でも」を3人で歌唱。山口は涙が止まらず、声が詰まって歌えなくなる場面もあった。

 さらに、山口が卒業発表時に「寄り添ってくれたメンバー」として名を挙げた村雲颯香(21)も姿を見せ、「最後のステージに上がらせてもらって、うれしく思います」。と話しつつ、3人に向けての手紙を読み、ファンの涙を誘った。

 最後にはAKB48の「桜の花びらたち」を歌って締めくくり。山口は「卒業してしまうけれどこれからの夢に向かって力強く歩んでいきたいと思っているので、これからも皆さん、よろしくお願いします。また皆さんとお会いできるように頑張りたいと思います」とあいさつした。

 この日のステージでは、NGT48の代表曲「MAXとき315号」など、AKB48を中心とした姉妹グループの曲を披露したが、アンコール前の最後の曲は、欅坂46の最新曲「黒い羊」。予想外の選曲に、会場からもどよめきが起こった。また、山口の暴行騒動についての詳細を語ることは、最後までなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス