文字サイズ

大渕氏 次男のヘルメット治療費「40万」、長女も心配…長男にはホルモン治療検討も

 「行列のできる法律相談所」などに出演していた弁護士の大渕愛子氏が16日、ブログを更新。次男(2)の頭の形を整えるため、装着させていた「ヘルメット治療」(頭蓋形状誘導ヘルメット)の費用が40万円だったことを明かした。

 昂生君には生後4カ月ごろから「頭の形外来」を受診し、「ヘルメット」を1日23時間装着させていた。この日のブログでは「治療費も40万円と高額でした」と費用を明かした。

 さらに、昨年9月に誕生した長女についても「かなり手強い向き癖がありました」とし、「『これは、また治療が必要になるのでは…』と内心、心配していました」と治療を検討していたことを明かした。「向き癖」とは寝ている時などに顔が向く方向のこと。これを心配し、様々な枕を試したり、マッサージやうつぶせ寝の練習をした結果、「幸い、悪化することはなく」治療には至らなかったという。

 大渕氏は「頭の形の歪み(絶壁や左右非対称)は、見た目の問題のみならず、将来の頭痛や腰痛を引き起こす原因にもなると言われていて、とても大事だと思っています」と記している。

 大渕氏は昨年はじめ、当時2歳だった長男に対して、同い年の子たちに比べ、体つきが小さいことから、成長ホルモンを促す治療を検討したことをブログで明かしていた。

 大渕氏は俳優・金山一彦と14年8月に結婚。15年3月に長男・侑生くん、16年12月に次男・昂生君、18年9月に長女「みい」(愛称)ちゃんを出産している。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス