文字サイズ

ビリー・バンバン 50周年記念ライブ…脳出血、大腸がんを乗り越え

次男の弾二郎氏(右端)に支えられて車椅子から立ち上がり熱唱したビリー・バンバンの菅原孝(右から2人目)と兄に歩み寄り熱唱する菅原進(左)=東京国際フォーラム(撮影・開出牧)
名曲「さよならをするために」を石坂浩二(中央)と一緒に熱唱するビリー・バンバンの菅原孝(右)と菅原進=東京国際フォーラム(撮影・開出牧)
コンサートの前に記念撮影に納まるビリー・バンバンの(右から)菅原進、菅原孝、故・浜口庫之助さんの妻・真弓さん、せんだみつお=東京国際フォーラム(撮影・開出牧)
3枚3枚

 兄弟フォークデュオ「ビリー・バンバン」が12日、東京国際フォーラムで50周年記念ライブを開催した。大病を乗り越えて元気にステージに立ち、50年分の感謝を歌に乗せてファンに届けた。

 1969年のデビューから50年。2014年に兄の孝(74)が脳出血、弟の進(71)が大腸がんを患うなど、道のりは平たんなものではなかった。

 進は兄を見つめて「5年たってもお兄さんとここで歌えている。こんなうれしいことない」としみじみ。左半身マヒが残る孝は車いすでの歌唱となったが「うれしいねぇ」と喜びもひとしおで、節目の年を迎えて「もう一回デビューする感じかな。あと50年!」とギアを入れ直した。

 俳優の石坂浩二(77)も50周年を祝福しに駆けつけ、石坂が作詞を手がけたヒット曲「さよならをするために」を3人で歌唱。歌い終えた孝は「この曲に助けられた。石坂さん!大好きです」と絶叫していた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス