文字サイズ

「まほほん」コール起きた NGT“再出発”ステージ 卒業発表の山口ら除く17人

 NGT48が27日、横浜スタジアムで行われた「AKB48グループ春のLIVEフェス」に出演した。21日に新潟・NGT48劇場で行った公演で山口真帆(23)、菅原りこ(18)、長谷川玲奈(18)が卒業を発表して以来、初めて公の場に姿を見せた。

 この日は山口ら卒業を発表した3人を除く、1期生17人が出演。代表曲「Maxとき315号」など7曲を披露した。21日の「千秋楽公演」を終えてチームN3とチームGは解散しており、今回は「1期生」と「研究生」に分かれた上での“再出発”ステージ。元チームGキャプテンの本間日陽(19)は「今日は少ない時間なんですけど、皆さんと楽しんでいけたらと思います!」と呼びかけた。

 山口は昨年12月、新潟市内の自宅で男性2人から暴行される被害を受けたことを1月に自身のSNSで告白。山口は他メンバーの関与を訴えたが、それを認めなかった運営側との溝は埋まらず、「ずっと支えてくれた」という菅原、長谷川ともども卒業に至った。

 山口が卒業を発表する際、運営側から浴びせられた言葉や受けた仕打ちを改めて訴えるなど、衝撃的な千秋楽公演からわずか6日。それだけに他グループに比べて観客の盛り上がりは今ひとつで、一部からは、山口の愛称である「まほほん」コールも起こるなど、ファン側には動揺が残っていることも感じさせた。それでもメンバーは笑顔を保ちながら、必死に新たな一歩を踏み出した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス