文字サイズ

NGT山口真帆 所属チームの解散はスタッフだけで決まった…有料会員向けメールで

 NGT48・山口真帆
1枚拡大

 昨年12月に新潟市内の自宅で、男性2人から暴行される被害を受けていたことが明らかになった、アイドルグループ・NGT48の山口真帆(23)が、20日に有料会員向けメールでファンに向け、21日に新潟市のNGT48劇場で行われる「千秋楽公演」の経緯を説明。現存チームの解散が、運営側の一方的な決定であったと訴えた。

 山口は21日に副キャプテンを務めるチームGの「千秋楽公演」である「逆上がり」公演に出演することが発表されている。この公演について「チームGの公演も明日が最後です」とし、「チームGの解散もスタッフさんの間だけで決められて、私はラインの連絡で知りました。悲しくて、悔しかったですと明かした。

 暴行被害以降の日々については「あの日から泣きながら公演をやってました」と告白。また、この日はチームGのメンバーと接したことを示唆した上で、「1年も経たない間にチームが解散してしまうことになってしまい、ごめんなさい」とファンに改めて謝罪した。

 運営会社のAKSは今月11日、現存のチームを解散し、千秋楽公演を行うことについては、スタッフとメンバーの間で話し合って決めたと発表していた。だが山口は12日、自身のツイッターで、運営側が山口ら一部を除いたメンバーに公演開催を一方的に通告したと推測する内容の、一般人によるものとみられるツイートに「いいね」で反応。千秋楽公演に対しての反発をのぞかせていた。

 また17日にはデイリースポーツの取材に対し、21日の出演についても、山口自身と運営側が話し合って出演を決めたと回答。だが山口はこの日、タイトルが「いやだ」、本文が「明日が来て欲しくないな」というメールも有料会員向けに配信。現存チームの解散に対し、山口自身の意図には反するものであることを重ねて主張した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス