文字サイズ

DA PUMP聖火ランナー参加に意欲 “カズダンス”も披露、Jヴィレッジ・フェス出演

 来場者と“いいねポーズ”をするDA PUMP=福島県・Jヴィレッジ
1枚拡大

 7人組ダンス&ボーカルグループのDA PUMPが20日、福島県楢葉町、広野町にあるサッカー施設「Jヴィレッジ」のグランドオープンフェスに大トリとして出演し、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレー参加に意欲を見せた。

 東日本大震災の際に原発事故の対応拠点となった同所が、約8年を経て完全営業を再開。東京五輪の聖火リレーは、大会理念「復興五輪」の象徴として同所からスタートするとあって、TOMO(38)は「全員(の出身地が)バラバラなんで、各県をリレーできたら」とプランを開陳。リーダーのISSA(40)も「本当にそういうのができたらいいですよね」とうなずいた。

 この日は、新設された全天候型ドーム前のステージで、未来のサッカー日本代表を育てるフィールドに集まった3000人に歌声を届けた。ヒット曲「U.S.A.」のラストには両腕をぐるぐると回す“カズダンス”を披露し、アドリブで沸かせた。

 震災直後から、チャリティーライブを開催するなど支援活動を続けてきた。トラックで物資を運んだ経験もあるISSAは「やり続けることに意味があると思う。常にその気持ちを持って臨んでいきたい」と支援の継続を誓った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス