文字サイズ

爆問・太田 ぜんじろうとのラジオ直接対決を宣言「ケンカ売るなら名指しで言え!」

爆笑問題・太田光
1枚拡大

 タレント・ぜんじろう(51)との“呼び捨て騒動”が尾を引いている爆笑問題の太田光(53)が、司会を務める14日のTBS系の生番組「サンデー・ジャポン」で、「ケンカ売るなら太田って言って、名指しで俺に言え!」とぜんじろうに怒りのメッセージを送り、ラジオ番組での直接対決を宣言した。

 太田は前番組「サンデーモーニング」とサンジャポの間の予告番組で、「みちょぱが陰でダレノガレを呼び捨てにしました!」とカメラ目線でぜんじろうネタを絶叫。番組本編でも、太田とぜんじろうのどちらが先輩で後輩なのか問題、それに伴う呼び捨て騒動を特集した。

 VTR後、太田は「僕はもう大人ですから。ぜんじろうのことに関しては何ともない。(どちらが先輩か後輩かは)これから先は水掛け論ですからね」と、静かに話し出したが、すぐに一転。

 「ぜんじろうに言いたいのは、俺は落ち着いてますよ、お前は、独り言いうなら俺の名前出すな!」と絶叫すると、あとは絶叫口調が続いた。

 太田は「お前のツイッター、誰に向かって言ってんだか分からねえんだよ。な。怒ってんだかどうかも分かんねえ。俺に向かってケンカ売るなら太田って言って、名指しで俺に言え!(笑)じゃねえんだよ、このヤロー!」と、ぜんじろうのツイートを批判。

 「いいかあ!お前の今の感情が俺には分かんないから不気味でしょうがない。今度ラジオに呼ぶから、オファーするから、乗り込んでくるなんてことできないから、ちゃんと申請するから、ちゃんとオファー受けるなら受ける、受けないなら受けないで事務所と相談しろ!バカヤロー」と、ラジオ番組での直接対決を呼び掛けた。

 ぜんじろうは、7日のサンジャポで太田が自身を呼び捨てにしたことに対し、「後輩の太田くんにサンジャポで『ぜんじろう』呼ばわりされてちょっとだけイラッとする不思議」などとツイート。これに太田もラジオ番組で「てめぇいつから俺の先輩になったんだ」、「お前から太田くんと呼ばれた記憶ないわ」などと反撃した。

 ぜんじろうは11日、「彼の昔の記憶がだいぶ間違ってる」と指摘し、「『厄介な芸人』として、ラジオに乗りこもうかな(笑)」とツイート。ぜんじろうの太田がらみのツイートには(笑)が多用されている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス