文字サイズ

瀧容疑者続く逮捕ショック「いだてん」出演場面カット「居眠り磐音」代役立て撮り直し

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反(使用)の疑いで12日に逮捕された、テクノユニット「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧こと瀧正則容疑者(51)の逮捕ショックが、14日も広がった。映画「居眠り磐音」は出演シーンを代役で撮り直して予定通り5月17日公開が決定。NHK大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」(総合、日曜、後8・00)は出演シーンをカットしての再放送が決まるなど、芸能界の“瀧抜き”が進んでいる。

 「居眠り磐音」は代役を立てて瀧容疑者の出演該当箇所を撮り直し、予定通り公開することが決まった。

 佐伯泰英氏のベストセラー小説を原作に、俳優の松坂桃李(30)が主演を務める時代劇で、瀧容疑者は関前藩国家老の穴戸文六役で出演していた。映画関係者によると、物語のキーマンだといい、早急に再撮影して公開に間に合わせるという。

 NHKは「いだてん」の、16日午後1時5分から再放送される第10回を、瀧容疑者の出演シーンをカットして放送することを発表した。17日午前8時からのBS4Kでの再放送も同様の措置をとる。

 3カ月分収録済みの通常放送の今月放送分に出演シーンはないという。ただし、17日放送分は出演シーンそのものがなく、編集中の24、31日放送分は出演シーンを“お蔵入り”にしたとみられる。

 BSプレミアムで24日放送予定のドラマ「あまちゃん」総集編 前編は放送見合わせ。16、23日放送予定の映画「ALWAYS」シリーズは差し替える。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      芸能最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(芸能)

      話題の写真ランキング

      デイリーおすすめアイテム

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス