文字サイズ

アリス=紗良・オット 多発性硬化症を告白「人生は人を思いがけない道へと…」

ピアニストのアリス=紗良・オット
1枚拡大

 ドイツ人と日本人の両親を持つクラシックの世界的なピアニスト、アリス=紗良・オット(30)が15日、公式サイトで、多発性硬化症を患っていることを明らかにした。

 オットは「ここ最近、体調を崩しコンサート活動にも影響が出てしまい」と、体調不良を自覚し、「いくつかの検査を受けた結果、今年の1月15日に多発性硬化症と診断されました」という。

 オットは診断を受けた際の心境を「私の世界は崩れ、次から次へと続く検査の間、恐怖、パニック、そして、絶望感に襲われ続けました。この診断は、何を意味するのか?私の人生に、私の仕事にどんな影響を及ぼすのか?」と告白。

 多発性硬化症について「中枢性脱髄疾患の一つで、人によって違う症状が現れる自己免疫疾患の病気です。現在において治癒は不可能な病気ですが、ここ何年かに亘る医学の進歩によりこの病気に罹った多くの人が殆ど障害なく日常生活を送ることが可能になりました」と説明した。

 オットは「私に適した治療法、それに合わせて適正なバランスのとれた生活を見出し、これからも今までのような生活を続けていけることができると強く確信しています」、「公表し隠さず病気と向かい合うことにより同じくこの病気に罹っている方に少しでも同じく勇気を与えることができたら、という思いからも決心しました。カミングアウトすることは、弱さでは無く己の環境と進む道を勇気付けていくものだと思います。(中略)時に人生は人を思いがけない道へと誘い込み、今、私はその新しい道の入り口に立っています。そこから最善を尽くすかどうかは自分自身にかかっている、と私は信じています」と、希望をもって記述。

 今月19日には独ベルリンでエーテボリ交響楽団と共演し、7月には日本公演が予定されるなど27本のコンサートが決まっているが、「これからも、予定されているシーズンのコンサート活動へ意欲を持って臨みます」と、公演を行っていくことを明言している。

 日本では、日本テレビ系の人気演芸番組「笑点」で知られる落語家の林家こん平(75)が、2004年から多発性硬化症と闘っている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス