文字サイズ

暴行問題のNGT 支配人未明の交代…運営側不手際に続き“大甘裁定”

一連の騒動に謝罪する(手前から)松村匠運営責任者兼取締役、早川麻依子新支配人、岡田剛新副支配人 
1枚拡大

 メンバーの山口真帆(23)への暴行事件で揺れるNGT48で、最高責任者といえるNGT48劇場支配人の今村悦朗氏(59)が14日、異動した。同日未明に公式サイトで発表すると、早朝からは東京・神田明神で、荻野由佳(19)ら新成人メンバー3人は成人式に出席。式典後には、新支配人に就任した早川麻依子氏(44)や所属事務所・AKSの運営責任者兼取締役の松村匠氏(56)らが緊急会見を開き、運営側が事件後初めて取材に応じた。

 事件後は“雲隠れ”を続けていた今村氏の、事実上の更迭に加え、問題を調査する第三者委員会の立ち上げが報告されたのは、14日午前2時過ぎ。不手際続きの運営側による、異例の深夜発表となった。同7時半からの成人式には、今村氏の姿はなく、早川氏と新副支配人・岡田剛氏(41)が参加し、新体制のスタートを切った。

 新成人メンバーがあでやかな振り袖姿を披露した後、会場の金びょうぶが取り除かれ、午前11時前に緊急会見が始まった。冒頭で松村氏が、「事件に関しまして、皆さまにご迷惑ご面倒ご心配おかけしたこと、メンバーみんなに不安な思いをさせてしまったこと、この場を借りておわびします」と陳謝。早川氏、岡田氏と3人並んで、深々と頭を下げた。

 事件は昨年12月8日に発生。「警察の捜査状況を鑑みていた」という理由で運営側の対応が遅れて、山口が告発に踏み切ったが、「2次的3次的な被害が及ぶのではと考えていたら、ああいうことになって申し訳なく思います」と弁明した。秋元康総合プロデューサー(60)も「大変憂慮されている」という。

 謝罪を繰り返す一方、事件の核心に触れる質問には「警察の捜査内容に関わることなので」と回答を避けた。メンバー1人が事件に関与したことを10日に公表しているが、処分については「不適切な行動、言動に関しては、第三者委員会で徹底的に調査してもらい、判断をあおぎます」と結論を先延ばしに。支配人の任を解かれた今村氏には、辞職を求めるファンのネット署名に5万人の賛同があったが、更迭どころか「人事異動」と主張する“大甘裁定”だった。

 女性目線を期待されての起用となった新支配人・早川氏は、「まずは山口真帆としっかり話をして、ほかのメンバーとも心を割って話をして、いいグループを作っていけたら」と所信表明。前を向いたが、問題がすべて解決しNGTが真の笑顔を取り戻すには、まだまだ時間がかかりそうな印象も残った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス